2018.02.22 08:30
   

 おはようございます。昨日もご来店いただきありがとうございました。チョロっと雨。少しの辛抱。本日8:00-20:00の営業時間。

 

 毎日コーヒーのテイクアウトで通って下さるお客さまや、定期的にコーヒー豆を買ってくださるお客さま。「タックさんのコーヒーが一番美味しいよ!」なんて言って下さいます。ぼくのエネルギー源は、そういう風に思って下さる皆さんの気持ち。ほんとうにありがとうございます。コーヒーを買う時、豆を準備する時に交わす何気ない日常の会話。それが1日1日をつくりあげる大切なことだと思っています。

 

 tak beansが生まれた時、それはぼくだけの気持ちが詰まったお店でした。tak beansは6年目に入り、通ってくださるお客さま、地域の皆さまの気持ちを詰まってきたのかなと思っています。これからも様々なコーヒーのご提案をはじめ、楽しいことを発信していきたいと思います。多摩エリアの皆さまに、「休日、聖蹟桜ヶ丘に行こうかな」なんて思ってもらえるきっかけのひとつになるような店にしていこうと思います。

 

 もちろん今日も焙煎しております。自家焙煎コーヒー屋が地元にあることって、とっても貴重ですよね。生豆の状態から皆さまが飲むコーヒーになるまでをひとつのお店でつくりあげる。

 注文をお受けしてから量り売り。豆のまま、お好みの挽き方で。こんな非生産的なお店。是非お子さまにお見せあげてください。是非、その光景を見てください。

 ぼくは、効率の悪い、とても地味な仕事を選びました。生豆の袋はとても重いです。焙煎機の掃除は大変です。

それでもぼくはこの仕事が大好きです。是非、皆さんtak beansに来てくださいね。

 

 さて、今日はすこーしぼくの仕事観をお話しました。

変わらず聖蹟桜ヶ丘でお待ちしております。雨も午後にはやむ模様。John Valentiはやっぱりスバラシイ。




2018    <<  February  >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
1 2 3 4 5 >|