2017.11.11 16:06
   
ちょっと休憩コーヒーブレイク。 通りすがりの男性が「コーヒーショップ。」と呟いた。 道行く小学生が「コーヒーのいい香り!」と言ってくれる。 開業したばかりの時は、「何のお店?」と質問されていたお店は、コーヒーショップになり始めた。これからも「聖蹟桜ヶ丘のコーヒーショップ」でい続けよう。 荒削りのモノを長い時間をかけて削ぎ落とす。そんなお店にしていこう。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2020    <<  September  >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930